< 法人の沿革 >

旭川育児院の歩み


大正
10年10月24日
上川孤児院閉鎖により孤児6名を初代院長水下関吉、旭川市1の9上川尚武館の自宅に引き取り旭川育児院を創立する。
12年12月30日旭川市栄恵町西1丁目市有地に施設新築移転、理事制をとる。
昭和
19年11月 1日
二代目院長水下武就任。
21年 3月18日附属救護部設置、海外引揚者の援護に当る。
24年 7月 1日養護施設旭川育児院認可。
24年 8月27日財団法人となる。
26年10月24日救護部宿舎改築、附属共栄寮と改称する。
27年 5月16日社会福祉法人となる。
27年 5月31日附属共栄寮、生活保護施設となる。
32年12月26日附属共栄寮を廃止する。(160世帯600名更生)
33年12月 8日養護施設旭川育児院定員90名となる。
42年12月 4日旭川市神居町台場266番地の現在地に新築移転。
43年 4月 1日盲児施設小鳥ヶ丘学園開設。(定員20名)
57年12月 3日食堂・給食・職員休憩室(貯蔵庫)改修、渡り廊下(4.14㎡)増築。
60年 4月 1日三代目院長水下敏就任。
61年 3月31日盲児施設小鳥ヶ丘学園を廃止する。(取扱い人員44名)
平成
 7年 4月 1日
養護施設旭川育児院定員70名となる。
12年 7月23日時計台設置。(徳井健氏寄贈)
13年10月27日旭川育児院創立80周年記念式典。
17年 4月28日旭川市短期入所生活援助及び夜間養護等事業実施の受託。
18年 6月 1日四代目院長鹿野誠一就任。
20年 4月 1日小規模児童養護施設れんじゃくホーム開設。(定員6名)
24年 3月31日児童生活棟・管理棟・体育館・施設内グループケア2棟を全面的に新築。
28年 7月 1日五代目院長多田伝生就任。
現在に至る。